DWG/DXF – Gコード

CNC 機械用の DWG/DXF ファイルからの Gコード 生成機能が ABViewer には実装されています。以下の要素を変換することが可能です:線、多角形、円、弧、楕円、スプライン、テキスト、複数段テキスト、ハッチング。

本機能を評価するには以下を実行してください:

  1. ABViewerのトライアルバージョンをダウンロードし、インストールします。
    32-bit ABViewer 64-bit ABViewer
  2. DWGファイルまたはDXFファイルを開きます。編集の必要がある場合はツールのエディタタブを使用します。
  3. 出力タブでCAD – Gコード コマンドを選択します。
  4. 開いた Gコード ウィンドウですべての必要な設定を行います。こちらから詳細情報をご確認いただけます。
  5. 変換ボタンをクリックします。ABViewerはデフォルトでフライス盤用のGコードを生成しますのでご注意ください。一般タブのGコード設定ウィンドウから機械タイプを変更することができます。
  6. 生成されたGコードを保存するには「名前を付けて保存」をクリックします。NC拡張子でファイルが保存されます。

DWG/DXF to G-code

DWG/DXF – Gコードコンバーターの全機能はプロフェッショナル版およびエンタープライズ版でご利用いただけます。

Gコード生成機能の開発者用ライブラリが必要な場合は、info@cadsofttools.com までご連絡いただくか、以下のフォームにご記入ください。以下の言語で例を提供いたします:C#、Delphi、C++ビルダー、Visual Basic、Visual C++、ASP.NET、VB.NET。

E-mail:*

名前(任意):

メッセージ(オプション):



*

弊社からの連絡の受信を停止したい場合は info@cadsofttools.comまでご連絡ください。